健康診断と人間ドックの違い

健康な身体を維持するために!知っておきたい健康診断と人間ドックの違い

義務で受診するか、任意で受診するか

皆さんは普段、定期的に健康診断を受けていますか?
仕事や家庭での仕事が忙しくなかなか時間がとれない、今現在健康状態で困っていることはないから受けない、などの理由で健康診断を重要視されていない方もいるでしょう。
また、健康診断には行っているけれど人間ドックは受けたことがないという方や、健康診断だけで十分じゃないの?と考えている方もいらっしゃるでしょう。

そもそも健康診断を受けるのには2つの大切な目的があります。
1つ目は自分の体の現状を知り、生活習慣を改善することで病気の予防につなげるという目的です。
健康診断で出た検査結果は、普段の生活習慣の積み重ねを表しているとも言えます。
検査で異常が見つからなかったといって安心するのではなく、検査結果を細かく確認し、気になる数値や医師からのコメントがあれば、原因となっている生活習慣を改善していくようにしましょう。
2つ目は病気の早期発見と早期治療です。
脳卒中や糖尿病などの生活習慣病を含め、自覚症状が無いまま進行する病気は多く、普段の生活に何の影響も及ぼすことなく生活することができるため、症状に気づいた時には重症化してしまっていたというケースがあります。
定期的に健康診断を受けることで病気の早期発見につながり、治療時に体にかかる負担を減らすだけでなく治療費も抑えることができます。

このように健康診断には症状が出る前に気づき、予防するという大切な役割があります。
本サイトでは将来の健康を守るために、健康診断の内容と人間ドックにはどのような違いがあるのかを比較しながら、有効的な検査の活用方法をご紹介していきます。