テレフォンセックスにはまる人が多い


テレフォンセックスをご存知ですか?
今はネットやパソコンが発達しているため、テレフォンセックスという言葉もあまり聞かれなくなりました。
しかし、一昔前までは実際に会うことのできない相手とセックスをするためにはテレフォンセックスしかありませんでした。
これは誰とでも出来るわけではなく、今でいう出会い系サイトのようなところで知り合った男女が電話越しに疑似セックスを楽しむ、というものです。

実際のセックスとは違い、お互いに喘ぎ声を聞かせたり、言葉責めをしたりどこをどのように刺激するかを指示しあうことでそれに合わせてオナニーをするのがテレフォンセックスです。
相手の顔が見えないからこそ、想像がはかどるという面もあり、テレフォンセックスにはまる人が多いです。
そして、ここ最近になってまたテレフォンセックスが脚光を浴びています。
出会い系サイトなどで知り合った男女がお互いに電話番号を交換してテレフォンセックスを行う、という手順を踏むことが多いようです。
出会い系サイトであれば一昔前のテレフォンセックスと違い、自分の好みの相手を見つけやすいという特徴もあります。
さらに、携帯電話などの機能も向上しているため、クリアな音声で楽しめることができるのも最近のテレフォンセックスの人気に拍車をかけているのかも知れません。
顔が見えない分、相手の声がますます想像力を掻き立て、いやらしさが増すテレフォンセックス、あなたもやってみませんか?

相手がリードしてくれるかもしれません


テレフォンセックスをしている人たちはどれくらいの時間をかけているのでしょうか?
もちろん、プレイ内容や相手との相性にもよるでしょうが、電話代がかかってしまうためそんなに長くテレフォンセックスをすることはなく、30分程度が普通なのではないでしょうか?
ただ、初めてテレフォンセックスを利用する場合は緊張と照れなども相まって何を話したらいいのか、何をしたらいいのかが分からずに時間だけがどんどん過ぎていくことになる可能性があります。

もし、相手がテレフォンセックス常連者であれば相手がリードしてくれるかもしれません。
しかし、言われるがままに訳も分からずテレフォンセックスが終了してしまうと何も楽しむことが出来ません。
そんなことにならないためにも、テレフォンセックスをする前にあらかじめどんなプレイがしたいのかを考えておくとよいでしょう。
実際のセックスで言えば行きずりのセックスに近いものがあります。
そのため、どれだけ関係を築いたか、よりもどれだけテレフォンセックスで快楽を得られたか、が重要です。
もちろん、お互い今までで一番快楽を得られたのであれば同じ相手とテレフォンセックスをすることになるでしょう。
そのため、テレフォンセックスでは時間をかけた量で相手との今後の付き合いが決まるのではなく、どれだけ相手を楽しませたか、どれだけ相手をその気にさせたかで決まると言えるでしょう。

Copyright (C) 2013-2014 テレフォンセックス-provillus- All Rights Reserved.