生漢煎防風通聖散と和漢箋 防風通聖散と代謝エネルギーについて

人気が高い防風通聖散

昔から、漢方薬と相性が良く、風邪の時も、胃腸が悪いときも漢方薬を使って治していました。長年漢方薬を使っていると、薬局の人とも仲良くなり、様々な情報を入手することができます。ダイエット系の漢方薬として有名なのが、防風通聖散です。

コレステロール値が高い場合、ダイエットして正常値に戻そうとする人も少なくありません。日本で有名なのが、生漢煎防風通聖散や和漢箋 防風通聖散ですが、どちらも、腹部に皮下脂肪が多い場合に使われます。どちらかというと痩せているのですが、40歳を過ぎてからお腹だけが出てきたので相談したところ、生漢煎防風通聖散を紹介されました。

 

生漢煎防風通聖散で脂肪を落とす

生漢煎防風通聖散は、肥満症、便秘、むくみに対する効果が期待できる漢方薬で、脂肪を内側から分解し、燃焼させます。代謝エネルギーを高めるなど、様々な効果が期待できる生薬が18種類も配合されています。

代謝エネルギーが高まると、それだけ脂肪と落としやすくなります。漢方薬は、飲みにくいものも多いのですが、生漢煎防風通聖散は、飲みやすいのです。そのため、無理なく飲み続けることができ、無理なくお腹の脂肪を減らすことができます。簡単な有酸素運動を併用していたこともあり、2ヶ月くらいで出ていたお腹がすっきりと元の状態に戻りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です